外へ出たいと、うずうずしていた今日この頃ですが、
ようやく、昼休みに外に出られる日が来ました!!
開放された野生児は、ごくごく身近な公園へと出かけました。
今、外へ出て見られるもの。
今でなければ見れないもの。
それは、冬の装いをしている植物たちです。
それこそ、自然が作り上げた芸術ともいえると思うんです。
冬芽たちを揃えてみました。いかがでしょう?


堅~い衣を身にまとっています。
この衣の下はどれくらい暖かいんでしょうね。



枝先に冬芽があるとは限りません。
こうやって枝の途中にあることもあります。
こういうのは、全部じゃないけど、だいたいが、ここからその年の枝が伸びるんですね。



葉が全部落ちたら、こんな姿が見えました。
つる性の植物が絡み付いています。



ここでちょっと物語(?)
ヤナギ科植物の冬芽の変わり方です。
←これは、初期。
 ツルツルした冬芽ですねー。



分かるかな?
ちょっと冬芽の毛が生えてます。



←これが、ヤナギ科植物の冬芽の姿です。
こんな風に細かい毛で覆われているんです。
寒さが増すにしたがって、
厚い毛皮を装っているようですねー。



冬芽にはいろんな形があります。
ヤナギみたいに、毛皮をまとっているのもあれば、
こんな形もあるし、



←このように、細かく何枚も何枚も重ね着をしているようなのもあります。
まるで十二単のようですね。



公園の道脇を飾る低木です。
葉は全て落ちて、ただの枝のように見えますね。
じーっと近寄って見て下さい。



ほら、たくさんの真ん丸な冬芽がついてます。
視点を変えてみると見つけられるものってあるんですよ!



なんかちょっと早い気がしましたが。
もう紅梅が咲き始めていました。



近寄ってみると、すっかり花開いているものもあれば、



←まだ頑なに閉じているのもあるんですね。



常緑樹のてっぺんでヒヨドリが鳴いてました。
ひなたぼっこしてるのかなぁ。



平成15年度、初めてのフィールドワークになりました。
私自身が、寒いのが苦手なんで、
寒い冬を乗り越えるために、こうやって重ね着をしている冬芽をみていると、
ついつい、寒がりな自分と重ねてしまいます(笑)
機械を持っていれば、冬芽の中の温度を計ってみたいな。
どれだけ暖かいのか知りたいわ。

相模大野中央公園(神奈川県)