最近昼間暖かいですよねー。
先日友人から桜が咲いたと写真が送られてきました。
私もそんな「春」を見たくって、
朝早く、いつもとは違う公園へ出かけてみました。
シャツにトレーナーのラフな格好。
日向はいいけど、日陰は手足が痛いほど冷たかったです。


道保川公園は、その名の通り、
「道保川」に沿って細長い公園です。
川のそばだったり、林もあったりするので、
色んな表情を楽しむことができます。
ここは入口近辺。



近寄ってみると、川の端は
まだ霜が降りていました。



霜が降りるほどの日陰の木々は、



まだ、堅い冬芽でした。



なんの変哲もない景色だと思いますか?
この画面の左端のほうで
一箇所気になるものがありました。



近寄ってみると、モグラの穴のように
土が盛り上がっていました。
なんだろう?



春の日差しって、
なんだか暖かくって、
柔らかいですよねー



日が良く当たる場所では、
少しずつ芽が膨らみ始めてます。



春の日差しを浴びて、芽吹く姿は、
なんだか赤子の産声が聞こえそうです。



池の中にはショウブ(かな?)が
一斉に芽を出しています。
これが満開になるのが楽しみです♪



葉よりも花が先に咲く場合もあります。
梅とか桜もそうですけど。


池にまたぐ太鼓橋の上にまだ若いアオサギが留まっていました。
何を見ているのか。
何を考えているのか。
その落ち着きぶりは、なぜかたくましくて飛ぶ姿は優雅。
好きな鳥の一種です。



アオサギの見つめる先には
カルガモの群れがいました。



白と黄色の色合いが
春らしいと思いました。



上の黄色の花の正体です。
中国産のものだそうです。
面白い形してますよねー



ハナミズキのつぼみです。
もうすぐ開きそうですね。
めいっぱい膨らんでいるみたい



桃の節句には間に合わなかったみたい。
つぼみは堅く閉じてますね。
本当、日当たりの場所によって
開くタイミングは様々ですね。



予想以上に寒くて、公園を出る頃は、
手がかじかんであかぎれみたいになってました。
でも、寒さに耐えて散歩した価値は十分にありました。
春の気配を十分に感じたフィールドワークでした。
春は芽生えの季節。
1週間に何度も同じ場所に足を運ぼうと思いました。

相模原市立道保川公園(神奈川県)