春なのに、外に出かけられないのは、本当にストレスでした。
近々、山に登りたくなりました。
私の一番好きな季節、「命が生まれる春」。
公園ですが。命はたくさん芽生えていました。
この公園の散策は、たぶんこれが最後になります。
(職場が変わったから)

道の両脇は樹の若葉や芝生で黄緑色に囲まれています。

春の代名詞「桜」。
満開にちょっと遅れてしまいました。

葉はまだ出てなかったけど、花殻が目立ってきていました。

枝しかなかったのに、すっかり葉が芽吹いています。

春って濃い色じゃなくって、こういうパステルな色あいがステキ。

まだ一生懸命開こうとしている命もあります。

常緑樹だって、世代交代はあるよ。
先輩たちに囲まれて、新しい葉が育っています。

足元では、雑草が生えてます。
みんなが踏み固めた地面でもしっかり根を張って生きています。

葉脈に沿って、葉が折りたたまれて冬芽の中に納まっていたんでしょう。
みずみずしい、まるで赤子のよう。

あれ?花が咲いているのかな?
近寄ってみると、

それは花ではなく、若葉でした。
若いうちは赤色をしているものもあります。
生長するにしたがって、緑色になるんだよ


やっと念願の春の散策でした。
昆虫も冬眠から目覚め、鳥は頭上でさえずりあい、
樹を見上げると、黄緑色の世界が広がる。
そんな「春」が大好きです。
冬と春の境目って年度末で仕事が激忙しくなるので大変です。
一番好きなこの季節は、のんびり山で過ごしてみたいものです。

相模大野中央公園(神奈川県)