旅行2日目は、さっそくサンゴ礁の海で一日中泳ぐことにしました。
台風一過で西表島は梅雨を明けたようでした。空は真っ青に輝いていました。


うっとりするような風景です。
この浜は、西表島の北北西に位置し、
『星砂の浜』と言います。
その由来は、ここに写っている砂が、実はただの砂ではなく、原始生物の甲殻虫の死骸なんです。
海の中にある星の形をしている砂は、生きている甲殻虫なんです。
海の外のものは、死んでいますが。


記念に砂を持ち帰るなら、海の中からは絶対に持ち帰らないようにしましょうね。
ここ数年で、星砂が激減しているようですから。
こんな美しい風景、残したいじゃないですか。
一応、目隠しをしておきました。
はい、これが私です。
浅瀬に寝そべって、景色と一体化してみました。


水着の上に、Tシャツを着ているし、海用の靴に、軍手までしています。
サンゴ礁の海は、体が切れるサンゴとかあるので、安全のためです。
血が流れたら、怖い魚が寄ってこないとも限らないので。用心、用心。
ボケてますけど、怖い魚の一種。
『ダツ』という種類の魚です。
正式名称はもっと長いですけど、あえて書きません。覚えやすいように。
細長くて、口も鋭く長いです。
歯があって、のこぎりみたいな歯をしています。


実は、この魚。
光に向かって突進する性質があります。
なので、夜間ライトを使って泳ぐときには厳重な注意をして下さい。
ヘッドライトをして夜間泳いでいて、頭に突進されて突き刺さって重症を負った人もいるくらいです。
普通に泳いでいれば決して危険な魚ではありませんが、光を出すことは用心です。
分かりますか?この透明感。
画面上部が水面。
画面下部がサンゴ礁&水草です。


サンゴ礁の周りには、サンゴについている微生物を食べようと、熱帯魚たちが戯れています。
この日は快晴で、水底に届く太陽の光で、海の中は光り輝いていますね!


結局、朝9時から泳ぎはじめて、
陸に上がってきたのは4時でした。
今夜の夕飯は、ハンゴウでご飯を炊きます。
久しぶりのハンゴウご飯にちょっとウキウキ♪
うまく炊けるか心配です。


遠路来るのに、食料は重いし、亜熱帯の島で生ものも危険だということで、西表での自炊は、ご飯を炊くまででした。
このカレー。実はレトルトです。
姑息な手段ですが、せっかくの西表で食中毒になるよりはマシですね。
邪道だ!と叱らないで下さいね。
レトルトが梱包されていた袋は全部持ち帰りですので許してっ!

太い足を披露しちゃってゴメンなさい。
私の足ですっ!!
ねっころがったりしていたから、日焼け止めを塗っていたにも関わらず、真っ赤に日焼けしちゃいました。。。
日焼けというよりは、ヤケドに近い。
皮膚が突っ張るようなヒリヒリ感は島にいる間中続きました。
日焼け対策は万全に練ったほうがいいですよ!



この日の満潮は10:03、干潮は17:18。
満潮だと泳げたところでも、夕方の干潮が近づくにつれて、
サンゴ礁と水面の距離が20cmくらいになってしまって、
浅すぎてとても泳げなくなってました。
上の写真で私が寝転がっているところも、干潮時にはすっかり干上がってました。
ちなみに、この日の満潮時干潮時の水位の高さの差は132cm。
改めて、驚かされました。
西表島への観光は、潮の満ち引きに影響されることが多いので、
島では潮汐をかなり気にして、予定を決めていました。

西表国立公園(沖縄県)