久しぶりに散策してきました。
目的は、イネ科植物の穂を写真に収めること。
イネ科植物は、穂が出ないと何の草なのか判断つかないことが多いんです。
それほど、似通った植物が多いんですねー。
秋が近づくと、穂が出てくるので、今がチャンスですね!

今日の舞台は、神奈川県を南北に流れる「相模川」の河川敷です。
川の流れがあるところから離れると、草が生い茂っている場所があります。

何気なく、足元に生えている雑草のような草にだって・・・

秋の訪れを思わせるように、穂が出始めていました。

背、高々と伸びるアシ。
私の身長の倍くらいあります。

ふと、足元を見ると、青い花がチラチラと見えました。

近づいてみると、ツユクサが咲き始めの状態でした。
ツユクサの花の時期は秋口までのハズだから、ここはちょっと遅いですねー。

でも、そばの株は、もう実が生っているものもありました。
個体それぞれで違うんですね。

秋といえばススキ、
月見といえばススキ!!
まだ穂は開ききってなかったけど、風になびいてサラサラと音がするのは、とても涼しさを感じました。

遠くで眺めることが多いススキに近づいてみました。
穂から開く前の花がたくさん垂れ下がっていました。

「ネコジャラシ」の名で親しまれているこれの正式名称知ってます?
「エノコログサ」っていうんですよ。

11.jpg
上の写真よりも、ちょっと剛毛で紫がかっていますね。
これは、品種が違うだけで、上のエノコログサと同じ植物です。
品種名でいうと「ムラサキエノコログサ」ってそのまんまな名前なんです。

川辺は草ばかりではありません。
こうやって樹も生えていますよ。
でも、たいてい一箇所にまとまってるような気がします。

なんの樹だろうと近づいてみました。
葉の生え方や、葉や茎、枝に棘や毛があるかをジックリ観察してメモを取ります。

種類を判別できた決定的なものは、この鋭い対生したトゲでした。
「ハリエンジュ」と呼ばれるマメ科の樹で、帰化植物に指定されています。
北米原産の落葉高木で、街路樹や砂防林として広く植えられて、各地で野生化したのが原因とされています。

15.jpg
緑と白い穂しか見当たらないような景色の中で、一箇所異色なものを発見。
最近、視力が落ちているので、遠目で見たときは赤い洋服が落ちているのかと思ったほどでした。

近づいてみると、なるほど納得。
今一番季節にぴったりの花、「彼岸花」でした。お彼岸に咲くことからその名が付けられ、縁起が悪いと言われていますが、私は花自体のこの美しい形が好きなんです。

このあたりは、まだ水は澄んでいました。
でも、この撮影箇所より100mほど上流部では休日の家族連れが大勢バーベキューと楽しんでいました。
油は流れていないか心配になりました。

じっくり川に魅入っていたら、いつの間にか真っ暗になってしまいました。
川に反射して光る橋の上の街灯が素敵に思えました。

でも、残念なのがゴミがたくさん捨てられているということ。
こんな、タイヤまで・・・。

増水したときに流れていたのかもしれないけど、もし故意に捨てたのだとしたら、悲しいことです。
ゴミを自然の中に捨てない、ということは最低限守って欲しいルールです。

こんなゴミも発見。
西洋芝の苗床です。
もしも根付いたら、それも帰化することと同じです。


山にはたまに行くけど、川に出かけるのは、本当に久しぶりでした。
日曜の夕方ということもあって、家族連れや会社同僚たちといった人たちが大勢バーベキューを楽しんでいました。
また、完全に穂がでるころに、同じ場所に散策に来られたらいいなぁ。

相模川中流部(神奈川県)