娘を連れて、近くの公園に散歩へ行ってきました。
ようやく一緒に散歩が出来るようになった頃、ちょうど私が一番好きな春。
パステルカラーに染まっていく雑木林を見つけると、ついウットリ魅入ってしまう。
短い時間でも、足元に!目線に!頭上に!春を見つけるたびに温かい気持ちになれます。

北公園入り口
相模原北公園には入り口が何箇所かありますが、これはそのひとつ。
駐車場から一番近い、サッカー場の横にある入り口です。

しだれ桜
ソメイヨシノはシーズンオフですが、しだれ桜は満開でした。

満開の枝垂桜
下から青空に向かって撮影。
桜は青空に映えます。

たんぽぽ
足元にはタンポポが咲き始めました。
まだ地面すれすれです。

キブシの花ガラ
以前の記事にも書いたようにこれが咲いたら春!という「キブシ」。
逆を言えば、キブシが咲き終わると他の花たちが一斉に咲き出します。

タチツボスミレ
キブシの幹の周りには、タチツボスミレが咲いていました。
まだ旬ではなく、チラホラ咲き始めた状態でした。

雑木林
パステルカラーの雑木林が美しい!
芽吹いたばかりの、黄緑色の広葉樹と、濃い緑の常緑樹のコントラストがたまらない♪

丹沢の山並み
相模原北公園から西の方角を見ると、丹沢の山並みが見えます。
久しぶりに晴れた青空の向こうに見える山麓がまた心を躍らせます!

ケヤキの一本立ち
相模原市の木は「ケヤキ」です。
ケヤキは枝の先が幾通りにも枝分かれしていて、葉がふさふさしていて、好きな木のひとつです。
小さい丘の上に一本だけ立つケヤキ。
青空がよく映えて落ち着く風景でした。


30分にも満たない短い時間の散歩でしたが、十分春を感じることが出来て、有意義な時間でした。
娘はまだ緑の美しさも知らないし、花を愛でるにはまだまだ早過ぎますが(笑)、たくさん自然の中に触れ合わせていきたいと思っています。
再来年くらいには、このパステルカラーの雑木林に行って、
「キレイだねーーー」なんてしゃべってくれたら、母としては大満足ですが、どうでしょうねぇ。

相模原北公園(相模原市)