久しぶりのフィールドワークです。
といっても、娘も一緒の「お散歩」ですが。
神奈川県相模原市の道保川公園へ行ってきました。
以前にも行ったことがありますが、
「道保川」に沿って、細長い敷地の公園です。
川や池、湿地があるエリアと、雑木林のエリアとがあり、
長い時間いても楽しめる公園で私は大好きです。
この日は、川や池の周りを入り口から出口まで歩くだけのシンプルコース。
まだ「春」には早かったけど、楽しめました。

道保川公園入り口
入り口の看板から入ったところです。
ここから、道保川が始まります。

湿地
まだ花は咲きません

遊歩道
湿地の横は遊歩道が続いています。

ユキヤナギ
私の大好きなユキヤナギが裂いていました。
まだ満開には遠く、2分咲き程度。
満開が楽しみです。

苔むす
ちょっとオマケ。
木の根元に苔が生えていました。
冬には枯れ果てる苔。
青々と若々しくやわらかそうな苔を見て、春だなぁ~と思いました。

カルガモ
池にはカルガモが泳いでいました。
つがいで仲良く、泳いでいました。
他にも、カップルが3組くらい。
季節になったら、カルガモ親子が泳ぐ姿も見られそうですね。

若いマツボックリ
マツの枝元には、若いマツボックリが出来ていました。
胞子ができるまで、見守れたら楽しいだろうなぁ。

オオイヌノフグリ
春の野草の定番。
オオイヌノフグリ。
一面咲いているところは、うっすら青い色が一面そろっていてキレイです。

モモの花
サクラはまだかな~なんて公園行ったのに、モモの花が満開でした。
「桃の節句」というくらいですから、モモの花って3月上旬に咲くと思っていましたが、今満開なんですね・・・。遅い?

ハナミズキの冬芽
ハナミズキの芽が膨らんでいました。
ハナミズキは、天に向かって伸びる枝の形が好きです。


ゆっくり雑木林のほうも見ようか迷いましたが、
娘の昼食と昼寝の時間のため、早々に帰宅しました。
娘が、池の水面を歩く?アメンボや、ソヨソヨ流れる澄んだ小川、池の中を泳ぐ大きな鯉、二羽で仲良く泳いでいるカルガモなど、自然界のものを見て、目をキラキラさせている姿が印象的でした。
この好奇心の芽は絶対に摘まないようにと、心に誓ったのでした・・・。
もう少ししたら、この公園の木々や草花たちも、いっせいに咲き誇りますね。
楽しみです。

道保川公園(相模原市)