ガクアジサイ

庭にガクアジサイが咲きました。

このタイミングで写真を撮ったことがなかったけれど、
中心部分の花が開花しているのが分かりますか?

ガクアジサイは、よく街路樹などで見かける園芸品種の「アジサイ」の原種で、
外周の目立つ花は、おしべとめしべが退化した「中性花」です。

中心に、見た目は地味だけれど、生殖器官としての花の機能を持った「両性花」があり、
その周りに大きな花弁のような(実際にはガク片)目立つ中性花を開き、
中心の両性花へ、花粉を媒介してくれる動物(ハチなどの花粉媒介者)を誘引するんだそうです。


花粉媒介者と同じように、ついつい花弁が大きなほうに目を向けがちですが、
その中心には、このようにしっかりと、おしべ・めしべ・花弁がたくさん密集しています。

ガクアジサイを見かけたら、ちょっと近づいて、中心部をよーく見てみてくださいねヽ(*´▽`*)ノ