4月29日、神奈川県相模原市緑区にある、相模湖へ出かけてきました。
家族でのお出かけです。

実はこの日、結婚10周年記念日だったのです

早いものですね。
過ぎてみれば、あっという間の10年でした。

相模湖は、結婚前からよく行っていたデートコースで、
足漕ぎや手漕ぎのボートに乗って、湖上を進むのが楽しみでした。

子どもが生まれてからも、どちらかが抱っこ紐で抱っこし、
協力して漕ぐのが、これまた楽しいものです。

上の子はもう8歳。一緒に漕ぐこともできます。

下の子はまだ2歳なので、がっちりホールドです。


ただ、この日は強風注意報が出るほどの風だったので、
相模湖へ出かけるのはいいけれど、
ボートは無理かもねと話していたのですが、
現地に到着してみたら、案外吹いていなくて、
湖上もあまり波が立っていない感じでした。


これは乗れるかも!?と、大型の足漕ぎアヒル(正面の首が邪魔)に乗ることに。


相模湖湖上から



 湖上から、上流方向(相模湖ダムがある)を見た写真。

真っ青な空で心地よかったです。

相模湖対岸近く
 
ボート乗り場の対岸にあたる、この あたりまで来ると、
急に風が強くなってきました。

漕いでも漕いでも、進まない感じ。
疲れて漕ぐのをやめると、押し戻される。 

下の子を抱っこしていると、太ももを子の尻に押されて疲労増大。
ほぼ旦那に頼る形になったのだけど、
旦那は身長が高く、漕ぎづらいらしいのよね…。

途中、立ち漕ぎのようになって頑張っていたけれど、
湖の3分の1あたりで、もう悲壮感に包まれて…。

ハンドルのところに、「緊急連絡先」と電話番号があったので、かけたよ。
旦那は、そんなところにかけたら負けだ!みたいな雰囲気だったけどw
そんな意地を張っている場合ではなかったよ。
下の子、強い風にさらされて、足とか冷たくなってきてたし。

電話かけたら、「風強いね!大丈夫?迎え行こうか?」と軽い調子で言われたw

とりあえず、約束の時間に戻れないことを謝り(基本30分)、
私たちより、もっと対岸寄りにいる、女の子二人組が辛そうと伝え(お節介)、
もう少し頑張ってみますけど、ダメそうだったらまた電話します、と切った。

しばらくして、モーター付きのボートがすごい勢いで近づいてきて、
「大丈夫ー!?」と声かけられて、「とりあえずあっち(女の子二人組)いくから」と去っていったw

そして、女の子二人組のクジラをピックアップしてから、
私たちのところへ再度寄って、フック引っ掛けて、
まとめて回収されました(恥ずかしい)

救出された私たち
 
旦那ですw
隣に、上の子が座ってたんだけど、途中で後部座席に移動してきた。

写真の左にチラリと見えてるのが、女の子二人組のクジラ(二人乗りサイズ)。
 
アヒルの首の左に見えているのが、モーターボートで迎えにきてくれたおじさま。

すごい勢いで帰り着くことができました。

抱っこしてなかったら、もうちょっとがんばれたかもしれないけど、
夫婦でお父さんとお母さん、それぞれで乳児抱っこ紐で抱っこして漕いでる船が、
回収されずに自力で帰ってきていたので、根性の問題だったかもしれません。
あとは若s・・・ゲフンゲフン


でも、自然の力は舐めてはいけませんね。
次は、ちゃんと見極めて判断するように気をつけます。