全国で大寒波が猛威をふるっていますね…。

神奈川県では、痛いような寒さ…という以外は、
雲ひとつない晴天が続いています。

大雪で交通網が乱れている各地に比べれば、マシですね。


しかしながら、各地の大雪のニュースを見ていると、3年前を思い出します。

次女を妊娠中、臨月に入り、いつ陣痛がくるか分からない、という頃、
神奈川に大雪が降りました。

しかも、神奈川には珍しい、粉雪が(普段はべたべたのぼた雪)。

ooyuki01

これは2014年2月8日。
粉雪で大人の膝丈くらいまで積もりました。

粉雪なので、屋根などに留まらず、
風の吹き溜まりに雪が集まる、という感じでした。

ooyuki02

人んちの庭の自転車。
風の吹き溜まりに雪が集まり、屋根からも雪が落ちて、
自転車が埋まっていました。

そして、近所総出で雪かきをし、
その雪もまだ溶けないうちに、2回目の雪が降りました。

それが、2014年2月15日。

同じくらいの量の雪が降り、同じように自転車が埋もれているのを見ました。

ooyuki03

もう自転車が見えないくらい積もりました。

近いところに国道が走っていて、国道まで出ればなんとかなる…と思っていましたが、
国道ですら、轍ができるものの、タイヤとタイヤの間の積雪の厚さが厚く、
乗用車では、車体の底を擦ってしまう状態でした。

新雪の状態ならまだしも、夜中になり、寒くなって雪が凍ったら、
タクシーどころか自家用車でも病院に行けそうにない。
救急車ですら、走れるか分からない…という状態。

これで陣痛が起きたら大変だと、安静に過ごしたのですが、
よりにもよって、大雪の日の翌日夕方になって、陣痛の兆候が出てしまったのです。

あの時は本当に焦りました。

結果を言えば、陣痛の兆候が出た段階で、
雪が凍る前に、と急いで病院へ向かい、
産前2日入院したのち、出産しました。

あのときの、いざという時に、道路が使えるかどうかが分からない、というのは、
不安でしたし、恐怖でした。


今、大雪に見舞われている全国のどこかで、
同じように、不安になっている妊婦の方や、病気の方がいると思います。

どうか、 みなさん、無事に寒波を乗り切れることを祈っています。


ところで、表題にもした「凍結防止対策」ですが、
ここまでの大雪になると、果たして効果があるのかは分からないのですが、
昨年11月に神奈川に雪が降ったときに試したことを紹介します。

我が家の玄関は、タイル敷きになっていて、
道路と敷地の境が、やや斜めになっています(施工ミスかも…)
しかも、玄関は北側を向いています。

なので、タイル部分が凍りやすく、
凍ってしまうと、このアスファルトに出る最後の一歩がツルリと滑り、
しかも手すりや壁などがないところなので、尻もち必須で怖いのです。

雪の翌日は、氷点下の予報にもなっていて、
上の娘が登校する時刻は、タイルが凍ってしまうだろうと思い、対策を練りました。

凍結防止剤として「塩化ナトリウム」、
融雪剤として「塩化カリウム」「塩化カルシウム」が用いられることが多いですが、
塩化ナトリウム-つまり「塩」ですね-は塩害が心配です。

尿素を主成分として、塩害の心配がない、専用のものも売られています。



↑こういうのです。

ひと冬にひと袋あると、安心かもしれませんね。


11月の雪は予定よりもかなり早かったので、準備はありませんでした。

なので、急遽、料理で使っている塩を撒いてみることにしました。

粗塩だったので、塊のまま撒いてしまいそうだったので、
ヤカンなどについている、大きい茶こしの網を使って、
塩を全部で300gほど使用して、玄関全体に撒きました。

結果、翌朝、凍結することはなく、無事に娘は登校していきました。


ただ、念には念を入れて撒きすぎてしまったのか、塩そのもので滑りました(;´Д`)

砂を撒いたような感覚。これは想定外!!
あとで、ほうきで掃いて、取り除きました。


撒きすぎには注意です(笑)


常に雪の心配がある雪国とはちがって、雪に弱い地域は、
 いざという時には、キッチンから代替品を使う、という手も試してみたらいかがでしょうか。



では、また。