同じ時刻、同じ場所から同じ方向の空を見る。
単純なことですが、これがなかなか面白いのです。

仕事帰り、ほぼ同じ時刻に、同じ橋の上から西の空を撮っています。

横浜市西区の、国道1号線からほど近い場所です。

同じ時刻に空を見上げる。

先日の記事でも書きましたが、
ほぼ同じ時刻に保育園から星空次女と見上げるようになりました。

定位置定刻に空を見上げると、
毎日刻々と過ぎていく日々の変化が見えて面白いのです。

2016.10.14

2016年10月14日。
この日は鮮やかな夕焼けでした。

2016.10.18

10月18日。
やや夕焼け。

2016.10.26

10月26日。
まだ太陽が西の空にあり、
下の方が明るく輝いていました。

”2017.1.6”

2017年1月6日。
この写真は、同日の記事にも載せたもの。
一番星がひかっています。

2017.1.24

1月24日。
このあたりから、会社を出たときに、
「あれ?まだ明るいなぁ」と感じるように。

2017.1.25

1月25日。
まだ明るい空。

2017.1.30

そしてこれが昨日、1月30日。
風が強く、日中19℃前後まで気温が上がり、
小春日和でした。

これらの写真は、平日の17:15前後に撮影しています。

一番星が輝くほど暗かったのに、
少しずつ、日が延びて明るくなっています。

こうなると、春が少しずつ近づいてきてるなーと思えて、
なんだかウキウキしてくるのです。

まだまだ寒い日が続くし、
朝晩の寒暖の差は激しいし、
インフルエンザが大流行中だし、
冬真っ盛り!!という感覚のほうが強いけど、
確実に春が近い!!と思えてきます。

私が一番大好きな季節。

寒い冬に耐え、暖かい日差しを受けて、
ぷりっと芽生える冬芽が大好きで、
色々な動植物の新しい命が誕生する春が好きです。

冬芽の写真を撮りに、散策行きたいな-。