春のこの季節に、どんぐりの話をするのも変ですが、
このブログのURLを見ても分かるように、
私はどんぐりが大好きです。

秋に、どんぐりが生る木がたくさんある雑木林に行って、
枯れ葉をかき分けてどんぐりを集めるのも好きですが、
夏に、木に生っている青いどんぐりを探すのも好きです。

メジャーな?コナラやシラカシなどの細長いどんぐりもいいですが、
クルクル巻き毛のぼうしをかぶった、クヌギのどんぐりが好きです。

2年ごとにしか生らないクヌギのどんぐりは、
出会えたときの喜びもひとしおです。

昔、家を買ったら、庭にクヌギの木を植えようと思っていたのですが、
現実問題、クヌギは高木になるので、
屋根を越す高さになっては大変だと思い諦めました(笑)

そんな、どんぐり好きの私なので、
子どもたちにあげた絵本でお気に入りのシリーズがあります。

前置きが長かったですが、今日はそのお話です。

「そらまめくん」「くれよんのくろくん」シリーズでも有名な、
絵本作家、なかやみわさんの「どんぐりむら」シリーズです。

マテバシイ、シラカシ、クヌギの3つぶ(絵本の中では「人」ではなく「つぶ」と言います)が、
どんぐりのぼうしを売るために、どうしたらいいかを考え、
アイデアとセンスで人気のぼうしやさんになるお話です。

ぱんやさんの家族はナラガシワ。
このお話の中に出てくる「どんぐりぱん」はいつか作ってみたいパンのひとつです。

どんぐりむらの平和と安全のために働くおまわりさんは
オキナワウラジロガシ。
ひと際大きくて、頼もしい雰囲気がよく出ています。
いつかおまわりさんになりたくてがんばるおとこのこは、イチイガシ。

どんぐりむらの保育園のお話。
園長先生はウバメガシ、副園長先生はコナラ、
アカガシの先生もいます。
ぱんやさんのこどもたちも通っています。

本屋さんの店長はスタジイ。
スタジイの特徴をよく捉え、長髪っぽいのが好きですw
本の知識は豊富で、お客さんが何を読みたいのかすぐ助言できるスゴ腕店長さんです。

現在最新刊の「どんぐりむらのだいくさん」。
大工さんの家族はナラガシワ。
半日で、どんぐりえんの遊具を1日で作ってしまう、スーパー大工さんですw

しかも、こどもたちが喜ぶ仕掛けを施すなど、建築士としても優れもの。

どんぐりむらシリーズに限らず、
そらまめくんシリーズでは、数種類の豆や葉の特徴をよく捉えて描くなど、
表現は現実に忠実なのが、私のツボにはまったのかもしれません。

上の子が幼い頃から、なかやみわさんの新刊が出るたびに買っている私。
毎年9月頃に新刊が出るので、今年も楽しみです。

でも下の子(3歳2ヶ月)が好きなのは、「くれよんのくろくん」シリーズ。
ここ最近のお気に入りは、

↑これ。
毎晩、必ず読んでいるので、たぶん暗唱できます(笑)

今、庭造りをしています。

もう少ししたら、庭造りレポートと、今季の家庭菜園レポートができるかもしれません。